トップ > 白神山地


白神山地
概要
白神山地(しらかみさんち)は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がる山地で、人の手が加えられていないブナの原生林からなる地域です。昭和29年発行国土地理院地勢図には白神山地の名称が使われていますが、世界遺産登録以前には弘西山地(こうせいさんち)とも呼ばれていました。 全体の面積は13万haでそのうち約1万7千ha(169.7km2)がユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。青森県側の面積はそのうち74%の 126.3km2を占め、残る43.4km2は秋田県北西部にあたります。1993年に世界遺産に登録されました。 世界遺産の登録基準の(ix)に該当し、登録に際してのIUCNの評価は次の通りです。
  • (ix)白神の価値は、景観や観光面での魅力ではなく、生物学的・科学的特質に関するものである。白神のブナ林は、日本では特異なものではないが、外部から開発されたことのない原生林の広がりは、他地域と異なっている。地球的な見地からすれば、白神山地は残存する原生林地区のひとつであり、この場合は日本固有のブナの林である。ブナが主な植生である生態系には、竹(ササ)、クマゲラ、ニホンカモシカ、ツキノワグマなどが含まれ、機能的な全体として相互に影響しあっている。このように当該地域は、地球の冷温帯の生態系、特にユーラシアブナ林生態系形成に関する研究及びこの個別の生態学的群生のモニタリングに非常に重要である。


白神山地核心地域
白神山地核心地域
マザーツリー
ブナ マザーツリー
主な見どころ

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system