トップ > 琉球王国のグスク及び関連遺産群


琉球王国のグスク及び関連遺産群
概要
琉球王国のグスク及び関連遺産群は、2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、グスクなどの琉球王国の史跡群を総称した名称です。 沖縄本島の主に南部に点在しています。 この世界遺産登録基準における(ii)(iii)(vi)の要件を満たしており、推薦書に記載されいている内容は次の通りです。
  • (ii)推薦資産を構成する個々の記念工作物及び遺跡は、琉球の立地的特性の故に、日本、中国及び東南アジア諸国との政治的・経済的・文化的交流の課程で成立した独立王国の所産であり、独自の発展と経過をとげた琉球地方の特異性を示す事例群である。
  • (iii)推薦資産のうちグスク跡は、日本列島最南端の島嶼地域に展開した農村集落を基盤に成長した豪族層が、政治的な統合と連合の過程で形成した防衛的な城塞施設の考古学的遺跡として極めて貴重な事例群で、今は失われた古い琉球社会の象徴的存在である。同時に、グスクは歴史的に農村集落の中核をなしており、地域住民にとって先祖への崇拝と祈願を通じて相互の紐帯を確かめる精神的な拠り所として、今なお琉球文化の重要な確信をなしている。
  • (vi)推薦資産を構成する個々の記念工作物と遺跡は、琉球地方独特の信仰形態の特質を表す顕著な事例である。(中略)これらの資産群は、沖縄島が第二次世界大戦時に戦場となったことによって被った破壊から、沖縄県民が復興する上でも、重要な精神的拠り所としての役割を果たしてきた。


首里城跡
首里城跡
今帰仁城跡
今帰仁城跡
構成資産

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system