トップ > 古都奈良の文化財


古都奈良の文化財
概要
「古都奈良の文化財」は、奈良県奈良市周辺に存在する寺院等の総称。 1998年12 月2日京都市で開催されたユネスコ世界遺産委員会で日本で9件目の世界遺産(文化遺産)として登録されました。 この世界遺産登録基準における(ii)(iii)(iv)(vi)の要件を満たしており、次のような評価を受けています。
  • (ii) 古都奈良の文化財は日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有しており、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり後世の発展に重要な影響を与えることになった。
  • (iii) 奈良の建築遺産は、奈良が首都であった時代に開花した日本文化の唯一の証左である。
  • (iv) 奈良における皇室宮殿の配置と現存文化財の設計は、初期アジアの首都群の建築と都市設計に関するきわだった例である。
  • (vi) 奈良の仏教寺院と神社は、ひときわ優れた形で宗教の連続的な力と影響を証明する。


東大寺
東大寺
薬師寺
薬師寺
構成資産

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system