トップ > 法隆寺地域の仏教建造物


法隆寺地域の仏教建造物
概要
奈良県生駒郡斑鳩町にあり、この地域の仏教建築物は聖徳太子と縁が深く、中国の六朝時代の毛院地区の影響を受けています。法隆寺の西院伽藍は、建築年代に諸説あるが世界最古の木造建築とされています。
国宝、重要文化財にも指定されており、1993年に世界遺産に登録されました。
世界遺産登録基準における(i)(ii)(iv)(vi)の要件を満たしており、ICOMOSによるコメントは下記の通りです。
  • (i) 法隆寺の建造物群が、木造建築としての構造・配置両観点からが傑作である。
  • (ii) 同建造物群が仏教伝来直後の仏教建築物で、日本の宗教建築に深い影響を及ぼした。
  • (iv) 同建築物群は、中国文化への順応、日本の寺院建築の配置、および、結果的に日本独特の様式を確立した代表的な例である。
  • (vi) 日本への仏教の流入、および聖徳太子の仏教奨励が、同地域への仏教の浸透に際立った特徴を示している。


法隆寺
法隆寺
法起寺
法起寺
構成資産

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system