トップ > 姫路城


姫路城物
概要
姫路城(ひめじじょう)は、旧・播磨国飾東郡姫路にあった城であり、江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、日本の特別史跡にもなっています。 現在では天守を始め多くの建造物が現存し、うち大天守、小天守、渡櫓等8棟が国宝、 74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に指定されています。1993年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
世界遺産登録基準における(i)(iv)の要件を満たしており、ICOMOSから次のような評価を受けています。
  • 木造建築物として建物の容積と配置が絶妙にバランスが取られ、白漆喰の城壁を持つ優れた美をもっていること。
  • 明治以前の封建制度の象徴であること。
  • 日本の木造建造物として最高のものであること。
その周囲もバッファゾーンとしての登録を受けています


姫路城天守
姫路城 天守
姫路城南西より
姫路城 南西より
構成資産

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system