トップ > 原爆ドーム


原爆ドーム
概要
原爆ドームの名で知られる広島平和記念碑は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建物)です。 もとは広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていました。 ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、“二度と同じような悲劇が起こらないように”との戒めや願いをこめた、負の世界遺産です。 1915年(大正4 年)4月5日に竣工、同年8月 5日に開館した。設計はチェコ人の建築家ヤン・レッツェル。 この世界遺産は以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされました。世界遺産登録基準における(vi)の要件を満たしており、次のような評価を受けています。
  • (vi) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。




原爆ドーム
原爆ドーム
広島県商品陳列所り
広島県商品陳列所時代
構成資産

Copyright c 2010 Bokkuri. All rights reserved.
inserted by FC2 system